×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

キャッシングの返済について

キャッシング後の融資の次の段階であり、最も大事なのがこの返済です。借り入れ側を債務者と呼びます。キャッシング業者を債権者と呼びます。債権者は、負債者から元金と利息を受け取る権利があります。また債務者は融資金額の元金と融資金額にかかる利息を支払う義務があります。返済といっても様々な方法があり、ATMから期日までの好きなタイミングの振込書が送られてくるようなタイプもあります。また、毎月の自動引き落としのようなものまであります。一長一短ですが確実に返せるものならキャッシングして早い時期に完済するのが理想的ですが、なかなか現実は分散して返すことになるでしょう。また利息は返済をしている間にも利息が日割り計算で増えていくタイプと初めから返済プランに沿って利息が計算され初めから上乗せされるタイプがあります。これは返済の方式によって変わってくるものなのでキャッシングの前には定期的に返済用を確認しておくべきでしょうね。

キャッシングの知識 返済

キャッシングの場合で一番よく見かけるのが「元金定額返済方式」の返済方式です。「元利定額返済方式 」と名前が似ていますが違います。元金が一定、つまり返済する一定の元金と借り入れしている全体の利息を返済していく方式です。どんな違いがあるかと言うと「元利定額返済方式」の場合利息まで含めての毎月の返済額が決まっているためにキャッシングしている金融業者にはわかりやすい反面、返済している側にとってはすごく分かりづらいキャッシング方式でした。「元金定額返済方式」の場合では元金の支払いは常に一定なので毎月の返済額は毎月変わるものの返済できている金額は毎月同じなので確実に返済できているのが分かります。ただし、この場合だとキャッシングして初めの頃の返済金額が大きく負担になってしまうことが多いのでその点は注意が必要ですね。また、この返済方式が最も採用されているのはコーポレートローンと呼ばれるキャッシングサービスです。キャッシングの債務の注意は必要ですが「元金定額返済方式」が最も理想的な返済方式だと思います。どの返済方式なのかで返済プランも変わってくるのでキャッシングの際は注意しましょう。

スポンサード リンク

キャッシングの知識 返済の種類3

ウリボで有名ですが、キャッシングの支払い方法でリボ払いとともにメジャーになった支払い方法で「残高スライド方式」と言うものがあります。リボ払いと言うとクレジット払いのイメージが多いようですが、実はキャッシングの際にも採用されているもので残高が変動しやすいリボルビング契約のキャッシングではすでに一般的な支払い方法になっています。貸し付けている残高に応じて毎月の返済額が一定額ごとに変動する方式です。この場合に注意するのは返済する金額が変わらないために借入の合計を忘れて借りすぎてしまわないようにすることです。大切です。一般的に最もカード利用で失敗するケースはリボルビングと言われるほど気軽に利用できる返済方法です。返済額が低めに設定されていると毎月の返済額より借入が大きくなってしまうなどといった事にもなりかねないので注意が必要です。残額スライド方式を多く採用しているのはキャッシングの中でも消費者金融などのように頻繁に追加貸付が行われるローンのようです。特に消費者金融系のキャッシングは金利が高めに設定されているところが多いので余計に注意が必要になるでしょう。

Copyright © 2008 キャッシング 返済